イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎と耳鳴り

耳鳴り


原因がよくわからないけれど、耳に違和感があったり、耳鳴りがすることはないでしょうか? 耳鳴りの症状が出た場合、中耳炎や、メニエール病、その他の耳の病気を疑うのが一般的だと思います。

しかし、そのような耳の病気ばかりではありません。 逆流性食道炎の症状のひとつとして、耳鳴りもあげられます。 逆流性食道炎の主な症状としては、胸焼けや、胃もたれなどがよくあげられます。


そのため、一見耳鳴りは逆流性食道炎の症状とは関係ないように思われますが、この病気により耳の症状を訴える人も多いのです。

では、どうして逆流性食道炎で、耳鳴りの症状があらわれるのでしょうか? これは、胃酸が逆流したためおこる食道への刺激が関係しています。 この食道への刺激が口のなかから耳管を刺激し、時には耳の痛みとしても感じられことがあるのです。意外なメカニズムですね。


ひどい耳鳴りに悩まされている人も少なくありません。 逆流性食道炎が原因でおこる耳鳴りの症状は、逆流性食道炎の治療をきちんとおこなえば、自然と良くなってきます。

逆流性食道炎と診断された場合は、まずは、きちんと通院し、服薬、食事などの生活スタイルの改善が必要です。 胃酸の逆流が治まりさえすれば、耳鳴りの症状も落ち着いてくるでしょう。


■まとめ

  • 胃酸が逆流した際に、食道が刺激され、口の中から耳管を刺激してしまう。そのため、耳鳴りが起きる。なかには、ひどい耳鳴りに悩まされている方もいる。
  • きちんと通院して、薬を服用すれば、症状はおさまるので悲観する必要はない。また、原因は胃酸の逆流なので、その点にだけ気を付ければ、耳鳴りの症状を抑えることも出来る。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎の症状 カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ