イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎とげっぷ

ハンバーグ

逆流性食道炎の症状のひとつに、過度なげっぷが挙げられます。
逆流する胃酸を抑え込めないということは、逆流する空気を抑え込めないということです。そのため、ゲップの頻度が増えてしまいます。

たかがげっぷと思うかもしれません。しかし、毎日何度もげっぷがでると、不快に感じてしまいます。また、自分だけでなく、他人にも不快感を与えてしまいます。特に食事や社交の場ではマナー違反です。

私はこの点にとても気を遣っていました。ときには、同僚や知人との会食を避けることもあり、明らかに社交の機会に影響がありました。


げっぷは、胃の中にたまった空気やガスが口から出ることです。健康な方でも、ビールや炭酸飲料を飲んだあとに、げっぷが出る方も多いでしょう。 また満腹になるまで食事をとった後も、げっぷが出ることがありますね? これは、食事をしている時に、空気も一緒にたくさん飲み込んでいるからだと言われており、しかたないことです。

げっぷ自体は生理現象で、異常なことではありません。 しかし逆流性食道炎になると、このげっぷが出る頻度が、とても高くなってしまいます。 胃酸が逆流してくるため、げっぷとともに、口のなかまで酸っぱい液が込み上げてくることが多くあり、これがかなり辛いです。

この込み上げがつらいと訴える人が多くいます。 逆流性食道炎は、このげっぷの症状の他にも、胸焼けや胃もたれなど、他の症状と併発してあらわれることが多いです。 げっぷが多かったり、胸焼けがしたり、少しでも違和感を感じた場合は、すぐに通院をおすすめします。

■まとめ

  • そもそもゲップは空気の逆流によって起きます。そもそも、胃酸の逆流を防げない逆流性食道炎ですから、空気の逆流も防げません。そのため、過度のゲップが症状として現れます。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎の症状 カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ