イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎と胸焼け

胸焼け

逆流性食道炎の典型的な症状として、胸焼けが挙げられます。それも普通ではない、かなり強い胸焼けです。 この症状を感じて、病院に行ったことがきっかけで、逆流性食道炎と診断された方も多いと思います。

胸が焼けつくような、熱くなるようなひどい不快感を感じることが特徴です。 特に、みぞおちの辺りから胸の下の方へかけて不快感を感じる方が多いようです。 また、ときには強い痛みをともなう場合もあります。


逆流性食道炎は、胃酸が逆流し、食道が炎症をおこす疾患です。 この炎症が広がることにより、胸焼けがおこるのです。 胸焼けが毎日続くと、本当につらいですよね。 逆流性食道炎の症状が進行すると、胸のあたりがムカムカして、食事をとることも大変になってきます。

また胸焼けに伴い、吐き気や咳などの症状が出る方もいます。 この逆流性食道炎による胸焼けを改善するには適切な治療が必要です。医師の指示に従い、治療を行うことが大切です。

また、食事や生活スタイルを気をつけることも大切です。 お肉などの脂っこいものは、できるだけ避ける必要があります。 また、過度な飲酒はひかえることが賢明です。 長期的に生活スタイルを見直すことによって、胸焼けの症状も徐々に良くなってくることと思います。


■まとめ

  • 代表的な症状が胸やけです。それも普通ではない、強烈な胸やけがあります。みぞおちの当たりから胸の下の方に感じることが多いです。
  • 逆流性食道炎になると、このような胸やけが常態化するので、食事を取ることが本当に大変になります。
  • 脂肪分の多い食事を避けましょう。肉類はもちろん、アルコールも避けた方が症状を抑えられます。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎の症状 カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ