イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎と吐き気

吐き気

吐き気や嘔吐は、いろいろな病気の症状としてあらわれます。 食中毒や胃潰瘍などの内臓疾患、薬などによる副作用もあります。 また、くも膜下出血などの危険な病気の症状にも表れます。 しかし、それだけではありません。

逆流性食道炎は胸焼けやげっぷなどが主な症状ですが、強い吐き気の症状が出ることも特徴です。 胃酸が逆流して食道に炎症がおき、胸焼けがおこり、吐き気を感じることがあります。 胃が気持ち悪くて吐き気を感じる場合は、逆流性食道炎がひとつの原因として考えられるのです。

症状がひどい場合は、吐き気だけでなく、実際に嘔吐することもあります。 胸焼けや吐き気を繰り返すと、食事も十分に取れなくなります。 吐き気とともに、酸っぱい水が喉まであがってくると訴える人もいます。 この吐き気をおさえるには、やはり薬の服用が有効です。

病院に行くと、胃酸の分泌を抑える薬を処方してくれます。 また、食後はすぐに横にならないことも大切です。 脂肪分の多いものや、糖分の多いものなども過度に摂取しないように気を付けましょう。医師の指示の通りに長期間治療すれば、徐々に吐き気も改善されます。

■まとめ

  • 吐き気が症状として表れる。胃酸が逆流して、胸やけを起こすためである。
  • 吐き気とともに酸っぱい水が喉まで上がってくることがある。ひどい場合は、あまりの気持ち悪さに、実際に嘔吐することもある。非常につらい症状の一つである。
  • きちんと薬を服用すると、遺産の逆流を防ぎ、症状を和らげることが出来る。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎の症状 カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ