イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎と耳の違和感

耳


逆流性食道炎は、胃酸が逆流することによって、食道に炎症がおきる疾患です。 逆流性食道炎の症状としては、主に胸焼けや胃もたれがあげられます。 しかし、それだけではなく、耳の違和感を訴える方も少なくないです。

胃酸が逆流して食道を刺激し、その刺激が口のなかから耳管を刺激し、耳の違和感を感じるのです。 悪化すると、耳の違和感だけではなく、耳鳴りを訴える人もいます。

またそれが悪化し、強い耳の痛みを感じる人もいるそうです。 ただし、耳の違和感や耳鳴りの症状は、もちろん逆流性食道炎が原因ということもありますが、他の疾患も考えられます。

中耳炎や、メニエール病なども、耳の疾患のひとつです。 ひどい耳の違和感や痛みを感じる場合は、早めの病院の受診をオススメします。


逆流性食道炎が原因でおこる耳の違和感は、きちんと治療をすれば、次第におさまってきます。早期発見が出来れば予後も良いです。

医師の指導のもと、正しく薬を服用し、生活スタイルを改善することが第一です。 脂肪の多いものや甘いものをとらないなど、食生活を改善することや、食後すぐに横にならないなど、生活スタイルを注意する必要があります。長期間の治療をすれば、良くなる病気です。


■まとめ

  • 耳の違和感は、胃酸の逆流によって口が刺激され、その刺激が口の中から耳管を刺激するために起きます。
  • 逆流性食道炎の治療を行えば症状はおさまります。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎の症状 カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ