イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎は食べ過ぎに注意

オムライス


逆流性食道炎は、胃酸が逆流し、食道に炎症がおきる疾患です。 胸焼けや胃もたれなどが、主な症状としてあげられます。 この逆流性食道炎になる原因は、いろいろと考えられます。 その一つとして食べすぎが挙げられます。

食べすぎてしまうと、胃の働きが悪くなってしまいます。 胃と食道の間にある「噴門」が開きやすくなってしまいます。 この「噴門」が開くと、胃酸が逆流しやすくなり、食道内が荒れて、逆流性食道炎になってしまうのです。


また、脂肪の多い食事や、糖分の多いものを食べても、胃の働きが悪くなってしまいます。 過度な食べ過ぎ、飲みすぎを控え、健康的でバランスの良い食生活を送ることが大切です。

また、逆流性食道炎は、食べ過ぎなどの食生活だけが原因で起こるわけではありません。 通常は、いくつかの要因が重なって、引き起こされます。 例えば、姿勢が悪い場合、胃が圧迫されて逆流しやすくなります。 このため、腰が曲がっているお年寄りがなりやすいのです。

また、肥満や妊娠が原因でなる方もいます。 逆流性食道炎は、このように様々な要因が重なってなります。 胸焼けや胃もたれなどの症状のある方は、是非受診をおすすめします。


■まとめ

  • 食べ過ぎると、胃と食道の間にある「噴門」が開きやすくなる。この「噴門」が開くと、胃酸が逆流しやすくなり、食道が荒れやすくなる。
  • また、肉類などの脂肪分の多い食べ物、糖分の多い食べ物を食べても、胃の働きが悪くなってしまう。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎の食事制限 カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ