イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎が悪化する食べ物

ハンバーグ


日本で逆流性食道炎が急増している背景に、食生活の欧米化が考えられます。 欧米風の脂肪中心の食生活が習慣になってしまい、胃への負担が大きくなっているからです。

したがって、脂肪の多いお肉が中心の食べ物は、逆流性食道炎を悪化させてしまいます。 油をたっぷり使った揚げ物もくせ者です。脂肪と油は控えた方が賢明なのです。


ハンバーガーなどのファーストフードも、ついつい食べてしまいがちですが、あまりおすすめしません。 また、糖分の多いものも悪化させてしまいます。 逆流性食道炎になった場合、ケーキや生クリーム、チョコレートなど、糖分をたくさん含むものは控える方が賢明です。

胃に刺激を与える、香辛料などもあまり良くありません。 したがって、香辛料を多く使ったカレーなどの料理も、控えめにするのが賢明です。このように食べ物には注意が必要です。


また、食べ過ぎ、飲み過ぎもよくありません。 過度な飲食はやめて、適量を心がけます。 逆流性食道炎が悪化する食べ物をいろいろ挙げましたが、全部を禁止する必要はありません。

逆流性食道炎のひとつの要因として、ストレスもあげられます。好きなものが食べられない環境はストレスが強いです。このため食事制限がかえって仇になることもあるのです。 どうしても食べたい場合は、少量を心がけて食べましょう。ストレスを貯めないように、このようなさじ加減も必要になります。全体的にバランスをとれた食生活を送ることが大切です。


■まとめ

  • 近年、日本で逆流性食道炎が増加しているのは、食生活の欧米化が原因と考えられる。肉類などの脂肪の多い食生活が中心となり、胃への負担が増加したため。
  • 胃への負担が大きい食べ物を避ける。脂肪分の多い肉類、油を使った揚げ物類、糖分を含むケーキやチョコレート、香辛料を使ったカレーなども、くせもの。
  • ただし、好きなものを食べられないストレスは想像以上に大きい。ストレスで逆流性食道炎が悪化しては本末転倒なので、少量は食べるなどのさじ加減も重要。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎の食事制限 カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ