イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎はコーヒーを控えめに

コーヒー

カフェインを含むコーヒーは、控えるようにしましょう。カフェインには、胃酸の分泌を活発にする作用があります。そのため、胃酸過多になり、上がってくる感覚が生じることになるのです。

また、カフェインは交感神経のスイッチをオンにして、テンションの高い状態を生み出します。仕事をするときにコーヒーで元気をチャージする人は多いと思いますが、これはストレスをごまかしています。そのため、知らず知らずストレスを貯めこむことになります。

過度に緊張するとお腹が痛くなることから分かるように、過度なストレスは胃を痛めつけます。そのため、ストレスに無自覚になるカフェインを摂ると、あるときドッと疲れが出て、胃酸が込み上げます。

ことほどさように、コーヒーに含まれるカフェインは胃に優しくないのです。逆流性食道炎との相性は最悪と言ってもいいでしょう。


理想を言えば、症状のあるなしに関わらず、飲まないことです。しかし、毎食後のコーヒーがどうしてもやめられない、というコーヒーファンもいるでしょう。コーヒー党にとっては、とても苦痛でしょう。

まずは、飲む回数を減らしてみることからはじめましょう。また、牛乳には胃の粘膜を保護する作用があります。 ブラックコーヒーではなく、ミルクを多めに、カフェオレとして飲むのはどうでしょうか?


また、同じ飲み物では、ココアもオススメできません。糖分が含まれており、胃が荒れてしまいます。糖分のたっぷり入った、シェイクやチョコレートドリンクも避けるようにしましょう。

症状を悪化させないためにも、飲み物や食物は常に意識しましょう。食事管理を徹底することで、込み上げる感覚をかなり抑えられます。


■まとめ

  • カフェインを摂取すると、胃酸過多になってしまう。そのため、逆流を引き起こしやすくなるので要注意。
  • どうしても飲みたい場合は、カフェオレがオススメ。牛乳には胃の粘膜を保護する働きがあるので、コーヒーの悪影響を和らげられる。

 

スポンサーリンク

 

逆流性食道炎の食事制限 カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ