イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎の食事制限のまとめ

牛丼

まず、脂肪の多い食事は控えるようにしましょう。 油の多い肉類や揚げ物も、胃酸の分泌量を増加させます。 また、糖分の多いチョコレートなども好ましくないです。洋食より和食中心にしましょう。

香辛料を含むカレーや韓国料理も、胃を刺激してしまうので、症状を悪化させる可能性があります。 塩分の取り過ぎにも注意が必要です。このように脂肪・油・糖分・香辛料はくせものになるのです。

飲み物では、お酒、カフェインを含むコーヒーなどを控える必要があります。胃酸過多になるので、胃にとってはハードな飲み物です。
炭酸飲料もあまり良くないので、ジュース類にも注意が必要です。

食事ではありませんが、煙草もよくありません。ニコチンやタールには胃酸の分泌を活発にする作用があります。禁煙が無理なら、喫煙する本数を減らしたり、逆食の症状のない時に吸いましょう。

もし、こみ上げてくる感覚が生じたら、胃酸を中和できる牛乳を飲みましょう。牛乳はアルカリ性なので、酸性の胃酸を中和できます。


このように逆流性食道炎には厳しい食事制限があります。しかしながら、あまりナーバスになるのも考えものです。この食事制限を100%守っていたら、ほとんどの方はストレスが爆発するでしょう。ストレスは胃を痛めつけるので、これもまた逆流性食道炎を悪化させます。

お酒や肉類は少量程度にとどめる、煙草は本数を減らす、症状が安定している時に吸う、というように工夫をしてみましょう。また、これまで食べる習慣がなかった料理に挑戦して満足感を得るのも良いでしょう。これを機会にして、新しい食の世界が見えるかもしれません。

食べ過ぎや飲み過ぎもよくありません。胃に大きな負担をかけるので、逆食の症状が悪化してしまいます。同様に、早食いも要注意。胃が急ピッチで働く必要が生じます。食事はよく噛んで、ゆっくり食べるようにしましょう。


■まとめ

  • 逆流性食道炎にとって、脂肪・当分・香辛料・塩分はくせものである。
  • 煙草と酒もNG。胃酸の分泌をうながしてしまうので、こみあげてくる。
  • 食事制限は厳しいものなので、どうしてもストレスになってしまう。ここは発想を転換して、新しい食の世界を発掘するという考え方をしてみるといい。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎の食事制限 カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ