イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

私が実践した逆流性食道炎の治療法

薬

逆流性食道炎を治療する為に、私はまず、処方された「パリエット」という薬を毎日服用することにしました。

逆流性食道炎は、胃酸が逆流し食道に炎症をおこす病気ですが、この薬は胃酸の分泌を強力に抑えてくれるのです。 結果的に痛みや胸焼けがなくなり、かなり楽になります。


また薬を正しく服用したうえで、食事等を見直しました。まず、アルコール類をしばらくの間控えました。 それから、脂肪分や糖分の多いものも取りすぎないように気をつけました。

香辛料をたくさん使ったカレーなどの料理も、頻繁に食べないようにしていました。これは香辛料の刺激物が胃によくないからです。 また、食後すぐに横になってしまうと、胃酸が逆流しやすくなってしまうそうで、食後2時間は横にならないように気を付けていました。


逆流性食道炎と診断されてしばらくは、寝る時は、布団の上にクッションなどを置いて、上半身を高くして寝ていました。 こうすると胃酸が逆流するのを防いでくれます。 これらの治療法を実践した結果、3年たった今では、薬を飲まなくて良いほどに回復しています。

生活スタイルを改善することも大切ですが、きちんと病院に通院することが一番大切だと思います。 薬を忘れずに服用し、半年から1年に一度は、内視鏡検査を受け、経過観察をする必要があります。 逆流性食道炎はきちんと治療をすれば、決して怖い病気ではありません。

■まとめ

  • まず、処方された薬をきちんと服用することです。これが治療の大前提です。
  • 食事の見直しをはかった。アルコールは控えて、脂肪分や糖分の多いもの、辛いものは控えた。
  • 食後すぐに横にならない、上半身を高くして寝る等の工夫をして、遺産の逆流を防いでいた。
  • 3年後、薬を飲まなくてもよいほどに回復。現在では、元のような健康な生活を取り戻しました。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎の体験談 カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ