イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

牛乳は胃の粘膜を守る

牛乳


胃の粘膜を守る働きをする飲み物があります。それは、牛乳です。
牛乳には胃の粘膜を保護する作用があり、胃にやさしいのです。

また、胃酸は酸性の液体なのですが、牛乳はアルカリ性です。そのため、胃酸をアルカリ性で中和する働きがあるのです。こみあげたときの辛い感覚をかなり抑えられる飲み物なのです。逆食の味方です。

そのため、逆流性食道炎や、胃炎、胃潰瘍などの病気には有効な飲み物です。 冷たいままでもよいですが、胃に刺激を与えてしまいます。そのため、あたためて飲むとより効果が高まります。

他にも同じ乳製品では、チーズ、ヨーグルトも、胃の粘膜を保護する役割があるので、毎日の食事で積極的に取り入れたい食品です。


逆流性食道炎の患者にとって、胃酸の働きを抑えてくれるのは大変ありがい ですね。積極的に飲むようにしましょう。 また、胃にには、大根、山芋も優しいと言われています。 これらはジアスターゼを多く含んでおり、消化を助けてくれます。胃の負担が軽くなりますね。

その他、キャベツ、卵にも胃の粘膜を修復し、胃酸を抑える働きがあります。 これらの食品を毎日の食事に取り入れることで、少しでも胃の負担を軽減できます。栄養のバランスに気を付けて、胃に優しい食生活を心がけましょう。


■まとめ

  • 牛乳は胃にやさしい飲み物です。胃の粘膜を保護して、胃酸をアルカリ性の液体で中和できます。
  • 逆流性食道炎の症状がでて辛くなったときや、食前に牛乳を飲むようにするなど、有効活用しましょう。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎に優しい食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ