イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

アルカリ水で胃腸を改善

水


アルカリイオン水とは、水の電機分解で作られます。水を電機分解すると、陰極側にアルカリ性の水が集まります。このアルカリ性の水を飲料水に利用したのが、アルカリイオン水です。

そもそも胃酸は酸性の液体です。そのため、アルカリ性のアルカリイオン水を飲むことで、胃酸の酸性度を弱めます。こみあげたときの辛さが和らぐので、逆流性食道炎に効果的と考えられているのです。

ただし、逆流性食道炎の症状を和らげるには、高濃度のアルカリイオン水でなければなりません。濃度が薄いと意味がないからです。

具体的には、phリトマス紙の濃度が9.0-10.0のアルカリ濃度がオススメです。濃厚すぎると、逆に喉や食道を傷つけるかもしれませんが、一般に市販されている高濃度アルカリイオン水であればOKです。


ちなみに、アルカリイオン水には、カルシウムイオン、カリウムイオン、マグネシウムイオンが集まります。有用なミネラルが豊富です。

また、抗酸化作用があるので、活性酸素が原因となる病気の予防や治療の効果が期待できます。 慢性の下痢や、消化不良の方に、良い効果を発揮するので、やはり胃腸の悩みにはピッタリなのですね。


■まとめ

  • アルカリイオン水は、アルカリ性なので、酸性の遺産を中和する効果が期待できる。
  • 逆流性食道炎の症状を和らげるには、高濃度アルカリイオン水がオススメです。
  • 消化不良や慢性の下痢にも効果的なので、胃腸が弱い方にはピッタリです。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎に優しい食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ