イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

3年後、逆流性食道炎の治療に成功

ビール


逆流性食道炎と診断されて3年が経ちました。 発症当初は、激しい胸焼けと痛みに悩まされ食事をとるのも大変辛かったです。 また、過度のゲップにも悩まされました。

薬を飲みつづけ、食事などの生活スタイルを改善したところ、2年後には薬を飲まなくて良いほどに回復しました。 また、3年たった現在も薬はまったく飲んでいません。


診断されてから1年ほどは、アルコールを飲むだけで胸焼けを感じていたため、飲酒を控えていました。 脂肪分の多い食事や、甘いものを食べたあとも胸焼けがひどかったため、摂取を控えていました。 しかし現在では、回復したため際立った食事制限はしていません。

アルコールもとっています。 ただ、とりすぎた場合は、若干胸がムカムカする感じがあるため、自分自を身コントロールをしながら嗜んでいます。 発症以前は、暴飲暴食をしていたわけではありませんが、今よりは、好きなものを好きなだけ何も考えずに食べていました。

現在も症状は良くなっていますが、自然と食生活を気を付けるようになりました。 食べ過ぎないように、栄養のバランスを考え、食事をとるようになりました。 また、逆流性食道炎は再発しやすい病気とも言われているため、病院で定期的な検診も受けるようにしています。

■まとめ

  • 治療から3年後、現在では薬をまったく飲んでいない。
  • 現在では、際立った食事制限はしていない。
    ただし、食べ過ぎや栄養バランスを考えている。
    逆流性食道炎は再発しやすいので、軽い管理は必要。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎の体験談 カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ