イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

ヒスタミン受容体拮抗剤の効果と副作用

薬

ヒスタミン受容体拮抗剤は、別名H2ブロッカーとも呼ばれています。 逆流性食道炎の治療に使われる薬です。 また、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の治療にも使われております。

胃壁には、H2受容体という部分があります。 このH2受容体は、ヒスタミンという物質が結合されると胃酸が分泌されるのです。 このヒスタミン受容体拮抗剤は、ヒスタミンがH2受容体に結合するのを妨ぎ、胃酸の分泌を抑えます。プロトポンプ同様、胃酸の分泌を抑える薬です。

 

ヒスタミンH2受容体は、胃壁の他にも、心筋にも存在します。 そのため、ヒスタミンH2受容体拮抗薬は、心筋の受容体にも影響を与えるのです。 したがって、不整脈等の心臓の異常を起こすことがあるため、心臓病の方が摂取してはいけません。これには注意しましょう。 その他の副作用には、低血圧、、便秘、下痢、めまい、頭痛、食欲不振が考えられます。

ヒスタミンH2受容体拮抗薬の例としては、シメチジン(商品名:アルサメック錠、タガメットなど) ・塩酸ラニチジン(商品名:ザンタック、アバロンZなど)・ファモチジン(商品名:ガスター、ガスター10など)・ ニザチジン(商品名:アシノン、アシノンZなど)・塩酸ロキサチジンアセタート(商品名:アルタット、アルタットAなど)・ ラフチジン(商品名:プロテカジンなど)があげられます。薬局で処方されたら薬の名前を確認しましょう。



治療薬の効果と副作用

サブコンテンツ

このページの先頭へ