イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

マーロックス細粒の効果と副作用

薬

マーロックス細粒は、逆流性食道炎や胃炎、胃潰瘍に用いられる薬です。 このマーロックス細粒は、制酸薬です。

胃酸を持続的に中和することにより、胃の粘膜を保護してくれます。 胃酸の刺激で荒れた胃を保護することにより、逆流性食道炎や、胃炎、胃潰瘍の治りをよくします。

 

鎮痛剤など、他の薬による胃の荒れを予防するためにも用いられています。このように、この薬の用途は広いです。

副作用としては、体質によっては下痢や便秘になる人もいます。 マーロックス細粒を飲むことによって、かえって胃腸の調子が悪くなったときは、速やかに医師に相談して下さい。

 

また、長期大量服用時、特に腎臓の悪い人や高齢の人は、アルミニウム脳症やアルミニウム骨症、 また高マグネシウム血症に注意が必要です。 定期的に検査を受ける必要があります。

また、このマーロックス細粒は、透析を受けている人には用いません。 その他の副作用として、重い副作用はまずないと言えますが、食欲不振、吐き気などが表れることがあります。

 

またこの マーロックス細粒は、胃の粘膜に直接作用します。 胃に食べ物のない食前や食間、また就寝前に飲むと効果的です。 水に溶いて飲んだほうが、より効果が期待できると言われています。 医師の指示に従い、正しく服用しましょう。自己判断で服用するのは禁物です。



治療薬の効果と副作用

サブコンテンツ

このページの先頭へ