イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

アルロイドGの効果と副作用

薬

アルロイドGは、胃の粘膜を保護する薬です。 このアルロイドGは、胃酸の刺激で荒れた胃を守る効果があります。 逆流性食道炎には治りをよくするために用いられます。

また、胃潰瘍などによる出血を止める働きもします。 胃の検査後の、止血にも用いられる薬です。 アルロイドGは、弱った胃の粘膜に付着して、胃酸に対する防御機能を高める役割があります。胃の保護全般をする薬ですね。

 

アルロイドGには強い治療作用はありません。そのため、副作用もほとんどありません(まれに、下痢や便秘がおこる場合があります)。 薬の飲み方は、胃の粘膜に直接作用するため、胃に食べ物のない食前や食間、また就寝前に飲むとより効果的です。 時間帯が大切です。

アルロイドGは逆流性食道炎、胃炎、胃潰瘍などの自覚症状の改善のために使われますが、強い作用がありません。 逆流性食道炎には、プロトンポンプ阻害剤(PPI)、ヒスタミン受容体拮抗剤(H2ブロッカー)など、強い効果がある薬もあります。 アルロイドGで症状がおさまらない時は、医師の指示に従って、他の薬を選択して服用することもあります。



治療薬の効果と副作用

サブコンテンツ

このページの先頭へ