イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎の治療薬のまとめ

薬


逆流性食道炎でよく使われる治療薬は、プロトンポンプ阻害剤(PPI)と、ヒスタミン受容体拮抗剤(H2ブロッカー)です。この2つが代表的な治療薬になっています。

胃の壁には、胃酸を分泌するプロトンポンプという部分があります。 プロトンポンプ阻害剤は、このプロトンポンプに作用し、働きを妨げ、胃酸の分泌を抑制する薬です。

 

また、胃壁には、ヒスタミンという物質が結合されると、胃酸が分泌される、H2受容体という部分があります。 ヒスタミン受容体拮抗剤は、ヒスタミンがH2受容体に結合するのを妨ぐことにより、胃酸の分泌を抑える治療薬です。どちらも胃酸の分泌を抑える薬剤です。

ヒスタミンH2受容体拮抗薬よりも、プロトンポンプ阻害薬の方が、強力な胃酸分泌抑制作用があります。 そして、プロトンポンプ阻害薬の方が、効果が長時間持続するのが特徴です。

 

この他、逆流性食道炎に使われる治療薬として、マーロックス細粒があげられます。 胃酸を持続的に中和することによって、胃の粘膜を保護してくれる薬です。 また、アルロイドGという胃の粘膜を保護する薬もあります。 胃の検査のあとの、止血にも用いられる薬です。

アルロイドGには、強い作用があるとは言えないのが難点です。そのため、症状が治まらない時は、プロトンポンプ阻害剤やヒスタミン受容体拮抗剤の服用をする方が効果的です。 医師の指示に従って、それぞれの病状に合った薬を処方してもらい、服用することが大切です。



治療薬の効果と副作用

サブコンテンツ

このページの先頭へ