イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎の手術の内容

手術


逆流性食道炎を発症した場合、薬での治療が一般的です。 薬の服用とともに、食生活、生活スタイルの改善を行います。 しかし、それでもあまり良くならない場合や、症状がかなりひどい場合は、手術を行う場合もあります。

具体的には、緩くなってしまった食道と胃の境目を締めるようにして縫い合わせます。この手術によって、物理的に胃酸が逆流しにくくなるのです。『ニッセン法』という手法が広く行われており、胸や腹部に開けた穴から内視鏡を挿入して手術します。

しかしこの方法は、開腹するため体への負担が大きいです。 全身麻酔と1週間程度の入院も必要になるので時間的な負担もあります。 そのため、現在では口から挿入した内視鏡で手術をする方法もあります。

入院期間も開腹するよりは短くなるでしょう。 しかし、この手法を行っている医療機関はまだまだ少ないです。 このように逆流性食道炎の手術は、短期間で改善したい場合には効果的な治療法です。

ただちに手術を選択するのは考え物ですが、症状がひどく身体的苦痛に耐えられない場合や、症状が長期間にわたって出ている場合は、手術を選択してもいいかもしれません。手術適応の基準があるので、該当者のみ許されるのですが、希望する方は医師に相談しましょう。


■まとめ

  • 『ニッセン法』と呼ばれる手法で、食道と胃の境目を締めるようにして縫い合わせる。
  • 胸や胸部に明けた穴から内視鏡を挿入する。そのため、身体的負担も大きく、1週間程度の入院が必要。
  • 手術を受けられるかどうかの適応基準があり、それらを満たさなければ手術を受けることができない。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎の手術

サブコンテンツ

このページの先頭へ