イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎の手術リスク

医師

逆流性食道炎の手術は、緩くなった食道と胃の境目を締めるように縫い合わせます。 手術方法としては、胸や腹部に開けた穴から内視鏡を挿入して行う「ニッセン法」が逆食の代表的な手術法です。

しかし、この方法は、全身麻酔をし、開腹をして行います。そのため、身体への負担が大きく、1週間程度の入院も必要になります。

体にメスを入れるので、どうしてもダメージを受けるのです。そのため、身体的負担・(回復までの)時間的負担があることは否めません。また、ニッセン法の手術は安全な手術ではありますが、どのような手術でも合併症のリスクがあることは覚えておきましょう。

現在は内視鏡で手術をする方法もあります。 入院期間も開腹するよりは短期間ですが、この手法を行っている病院はまだまだ少ないです。ニッセン法を選択できない場合もあるので、留意しておきましょう。


逆流性食道炎の手術をして深刻な合併症を併発したり、副作用が起こることは稀です。しかし、術後すぐは、物を飲み込むことが困難になることもあります。これはその後に回復することがほとんどです。

同様に、ゲップをしたり、吐いたりするのが難しくなることもあります。また、再手術が必要になることがあるのも逆食の厄介な点です。

また手術は決して危険な手術ではありませんが、どんな手術であれ合併症が起こる可能性はあります。 出血や、全身麻酔に関する合併症など、絶対にないとは言えません。 メリットもありますが、副作用などのリスクもあります。 よく考えて手術を受けることが大切です。


■まとめ

  • 身体にメスを入れるので、ダメージは受ける。そのため、1週間は入院する必要があるので、多少の身体的リスクはあるので、この点は留意しなくてはいけない。
  • 手術によって、深刻な合併症になることはまれ。術後に物が飲みこめなくなることもありますが、すぐに元の状態に回復することがほとんどです。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎の手術

サブコンテンツ

このページの先頭へ