イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎とガスター10

ガスター10

逆流性食道炎は、処方薬が有効ですが、市販薬である「ガスター10」も大変有効です。 「ガスター10」は、ヒスタミン受容体拮抗剤(H2ブロッカー)のひとつです。

胃壁には、H2受容体があります。 このH2受容体に、ヒスタミンが結合されると胃酸が分泌されます。 このヒスタミン受容体拮抗剤は、ヒスタミンがH2受容体に結合するのを妨ぐことにより、胃酸の分泌を抑えてくれます。

 

このため、「ガスター10」は、胃酸の分泌を抑制してくれます。 逆流性食道炎による、胃痛、胸やけなどの症状の改善にも効果的です。 効果が発揮されるには、服用後、約30分かかります。 また作用持続時間は約8時間と言われています。長時間の薬効が得られるのです。

ちなみに、「ガスター10」の「10」とは、錠剤1錠や散剤1包に含まれる主成分ファモチジン(H2ブロッカー)の量10mgのことだそうです。 「ガスター10」は授乳中の使用は控えてください。 また他の胃腸薬との併用も避けて下さい。用法・用量も守りましょう。



逆流性食道炎に有効な市販薬

サブコンテンツ

このページの先頭へ