逆流性食道炎とアルロイドG

アルロイドG

「アルロイドG」は、胃の粘膜を保護する薬です。 胃酸の刺激で荒れた胃を保護する働きがあります。 そのため「アルロイドG」は、逆流性食道炎に効果的と言えます。

 

胃の検査後の止血にも用いられる薬です。 「アルロイドG」は、弱った胃の粘膜に付着して、胃酸に対する防御機能を高める効果があります。胃を守ってくれるのです。

 

 

さらに、血小板凝集作用や、フィブリン形成促進作用などにより、胃粘膜の出血をおさえます。 しかし「アルロイドG」は逆流性食道炎、胃炎、胃潰瘍などの自覚症状の改善のために使われますが、強い作用がありません。そのため治療薬を変更することも少なくないです。

 

「アルロイドG」で症状がおさまらない時は、プロトンポンプ阻害剤(PPI)、ヒスタミン受容体拮抗剤(H2ブロッカー)など、 医師の指示に従って、他の薬を服用する選択もあります。 副作用はほとんどありませんが、まれに下痢、便秘などが起きることもあります。

 

このような症状に気づいたら、担当の医師に報告しましょう。 また、「アルロイドG」を飲んだ後は、しばらくは水やお茶は取らないようにしましょう。 その他、用量も必ず守りましょう。 絶対に2回分を一度に飲んではいけません。 医師の指示に従って服用しましょう。

 

【逆食改善プログラム】逆流性食道炎を薬なしで根本治療する驚きの改善法が登場。


逆流性食道炎に有効な市販薬

このページの先頭へ