イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎とタケプロン

タケプロン


「タケプロン」は、逆流性食道炎や、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの胃腸障害の治療に使われる薬です。 「タケプロン」は、プロトンポンプ阻害剤(PPI)のひとつです。

胃の分泌腺にある壁細胞には、プロトンポンプという部分があります。 このプロトンポンプは、胃酸を分泌する部分です。 プロトンポンプ阻害剤は、このプロトンポンプに作用し、働きを妨げて、胃酸の分泌を抑制する薬です。

 

したがって、「タケプロン」は、逆流性食道炎には効果的な薬と言えます。 胃酸の分泌を抑制するを薬には、他にヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)があります。 プロトンポンプ阻害薬は、ヒスタミンH2受容体拮抗薬より強力な胃酸分泌抑制作用を持っています。

そして、ヒスタミンH2受容体拮抗薬より効果が長時間持続します。 「タケプロン」は、逆流性食道炎の症状を改善するだけでなく、再発を繰り返す場合に、再発防止のためにこの薬を服用し続けることもあります。このように、長時間の胃酸分泌の抑制が大きな特徴です。

副作用はそれほどありません。 しかし体質によっては、肝機能値に異常があらわれたり、頭痛やめまい、軟便や下痢がみられます。 また、めったにないですが、アナフィラキシー・ショック、発熱、息苦しさなどの副作用が起こる場合もあるので、注意が必要になります。

 


逆流性食道炎に有効な市販薬

サブコンテンツ

このページの先頭へ