イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎とパリエット

パリエット


「パリエット」は胃酸の分泌を抑える薬です。 逆流性食道炎や、胃潰瘍の治療によく用いられます。 「パリエット」は、プロトンポンプ阻害剤(PPI)のひとつです。

胃の分泌腺にある壁細胞には胃酸を分泌するプロトンポンプがあります。 プロトンポンプ阻害剤は、このプロトンポンプに作用し、働きを妨げ、胃酸の分泌を抑制します。

「パリエット」を服用すると、胃酸による胃粘膜への刺激が緩和されるので、逆流性食道炎や胃潰瘍の治療につながります。 また、「パリエット」は、胃潰瘍の原因菌ヘリコバクター・ピロリの除菌にも用いられます。このように用途が広いのもパリエットの特徴です。

 

ただし、「パリエット」は病状や体質によっては注意が必要な薬です。肝臓の悪い人や、高齢の人は、薬の排泄が遅れがちのため、服用には注意が必要です。 少量を用いるなど、配慮が必要になります。 薬でアレルギーを起こしたことのある人も慎重に服用してください。

副作用は少ないほうですが、人によっては、肝機能値に異常があらわれる場合もあります。 また、頭痛やめまい、軟便や下痢も考えられます。 まれな副作用では、白血球や血小板が減少する血液障害も報告されています。副作用が表れたら、速やかに医師に相談して下さい。


 


逆流性食道炎に有効な市販薬

サブコンテンツ

このページの先頭へ