イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎とムコスタ

ムコスタ


「ムコスタ」は、胃の粘膜を丈夫にする薬です。 胃の粘膜が弱ってしまうと、胃酸の刺激により、逆流性食道炎や、胃炎を起こしやすくなります。 「ムコスタ」は、胃の粘膜を丈夫にし、胃酸に対する抵抗力を高める薬です。

「ムコスタ」を服用することにより、逆流性食道炎や、胃炎、胃潰瘍の治りをよくしてくれます。 また、鎮痛薬など、他の薬による胃の荒れを予防する効果もあります。

 

「ムコスタ」は、安全性の高い薬です。 副作用はまずないと言えます。 ショックや血液障害、肝障害の報告がありますが、ごくまれです。 飲み方は、1日3回の服用が一般的です。

他の薬と併用することも多いです。 他に薬を飲んでいる方は、互いに作用を強めたり、弱めてしまったりする可能性もあるため、医師や薬剤師に相談しましょう。 また妊娠中や授乳中の方も、医師や薬剤師に相談して下さい。服薬中止した場合、再発がしばしば見られます。

症状がなくなった後も、一定期間服用を続ける必要があります。 大塚製薬から、「ムコスタ錠100」、「ムコスタ顆粒20%」の2種類が出ています。 一般名はレバミピドと言います。



逆流性食道炎に有効な市販薬

サブコンテンツ

このページの先頭へ