イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎とオメプラール

オメプラール


「オメプラール」は、胃酸の分泌を抑える薬です。 逆流性食道炎や胃潰瘍の治療に用いられます。 「オメプラール」は、プロトンポンプ阻害剤(PPI)のひとつです。

胃の分泌腺にある壁細胞には胃酸を分泌するプロトンポンプがあります。 プロトンポンプ阻害剤は、このプロトンポンプに作用し、働きを妨げ、胃酸の分泌を抑制します。

 

「オメプラール」は、強い効果が期待できます。 その反面、決められた飲み方を必ず守って服用する必要があります。 また「オメプラール」は、症状や治療目的によって飲み方が異なります。

胃潰瘍では、その強い作用のため、投与期間が原則6~8週間になっております。 また、いったん休止して、H2ブロッカーなどの他の薬の服用をするケースもあります。

 

また、逆流性食道炎では、継続して服用することがあります。 「オメプラール」は、ピロリ菌の除菌にも使われます。 ピロリ菌の除去には、他の2種類の抗生物質と共に服用します。

「オメプラール」の副作用は、あまり多くはありません。 ただ、人によっては、肝機能値に異常があらわれる場合があります。 また、頭痛やめまい、下痢などがみられる場合があるため、注意が必要です。副作用の症状を自覚したら、速やかに担当の医師に相談して下さい。


 


逆流性食道炎に有効な市販薬

サブコンテンツ

このページの先頭へ