イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎とセルベックス

セルベックス

「セルベックス」は、胃の粘膜を丈夫にする薬剤です。
逆流性食道炎の他、胃炎や胃潰瘍の治療にも用いられます。 胃の粘膜が弱ると、胃酸の刺激により逆流性食道炎や、胃炎などになりやすくなるので好ましくないです。

 

「セルベックス」は、胃の粘膜を丈夫にし、胃酸に対する抵抗力を高めてくれます。 また、傷ついた胃の粘膜を修復、再生する作用もあります。また、鎮痛薬などによる胃の荒れを防ぐのにも用いられて、その用途は広いです。

 

 

「セルベックス」は強い作用はない薬ですが、そのぶん副作用もほとんどありません。 安全性が高い薬だと言えます。 しかしごくまれに、肝機能値に異常があらわれたりするため、注意が必要です。 また、吐き気、発熱、発疹などの症状がある場合は医師に相談しましょう。

 

「セルベックス」は、通常、1日3回毎食後に飲みます。 他の薬と併用することも多いですが、自己判断は禁物。 持病のある方や、他の薬を服用中の方は、医師に相談しましょう。

 

「セルベックス」の一般名はテプレノンと言います。 カプセルと細粒があります。 また、前述の通り「セルベックス」は、強い作用がありません。そのため、一定期間飲んでも症状が改善されない場合もあるので、 医師との相談の上、他の薬を選択することもあります。

 


逆流性食道炎に有効な市販薬

サブコンテンツ

このページの先頭へ