イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎の市販薬のまとめ

薬

ひとことに逆流性食道炎と言っても、その症状は様々です。 ひどい胃もたれや、辛い胸やけを訴える人もいれば、喉の痛みや、吐き気を訴える方もいます。激しい咳もあります。

市販薬にも効き目が穏やかなものから、強いものまで色々な種類があります。 効き目が穏やかな薬では、胃の粘膜を丈夫にする「ムコスタ」や、「セルベックス」などがあります。

 

「ガストローム」も胃の粘膜を丈夫にしてくれる薬です。 吐き気や、嘔吐、食欲不振、胸やけの症状には、「プリンぺラン」が有効です。 また、胃酸の刺激で荒れてしまった、胃の粘膜を保護する「アルロイドG」という薬もあります。胃薬にも色々な種類があるのです。

強い作用がある薬には、ヒスタミン受容体拮抗剤(H2ブロッカー)の「ガスター10」があります。 また同じような強い作用がある薬には、プロトンポンプ阻害剤(PPI)の「タケプロン」「パリエット」「オメプラール」があり、いずれも胃酸の分泌を抑制します。

症状にあった市販薬を、上手に使い分けましょう。 またどの薬にも、まれですが副作用がある場合があります。 おかしな症状が出た場合は、すぐに医師に相談するようにしましょう。

 


逆流性食道炎に有効な市販薬

サブコンテンツ

このページの先頭へ