イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎は食道がんのリスク

胃のイラスト

「胸やけ」というと、そんなに重大な疾患とは思えないかもしれませんが、単なる「胸やけ」とそのまま放置しておくことは危険です。

逆流性食道炎の場合は、症状が悪化するばかりか、「食道がん」になるリスクがあります。確率としては高くはありませんが、適切な治療をしなければ、その可能性がないわけではありません。

食道が逆流した胃酸にさらされつづけると、食道粘膜の表面にある組織が、胃の粘膜に似た組織に変化することがあります。 これをバレット食道と呼び、胃酸の刺激を受け続けることにより癌になることがあります。発生個所によって胃がんになったり、食道がんになります。

必ずしもガンになるわけではなく、事例としては稀です。しかし、そのリスクがある以上は、とても怖いですよね。バレット食道を予防するには逆流性食道炎を放置せず、きちんと治療することが大切です。


問題は、逆流性食道炎が重症化したり、長期化した場合で、つねに食道が胃酸にさらされ続けることになります。そうなると、短食道や狭窄(食道が短くなったり狭くなる)などの合併症も心配になります。

この場合は手術をして、胃から食道への逆流を物理的にくいとめます。薬を長く飲み続けると経済的負担も大きくなりますし、なにより薬によって肝臓がダメージを受けます。重症化した場合は、さまざまなリスクを考慮して、手術も視野に入れることになるでしょう。


■まとめ

  • 食道が逆流した胃酸にさらされ続けると、食道粘膜の表面にある組織が、胃の粘膜に似た組織になることがある。それがガン化することがある。
  • ガン化する確率は、それほど高くはないが、適切な治療をしなければ、ない話ではなくなる。適切な治療をして、逆流性食道炎を治しましょう。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎のリスク

サブコンテンツ

このページの先頭へ