イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎とは

胃


逆流性食道炎とは、胃酸や十二指腸液が、食道に逆流することによっておこる疾患です。 胃酸が逆流すると、食道の粘膜を刺激し炎症が起きます。 胃酸が逆流し炎症がおこることで、

胸焼けや、胃もたれ、のどの違和感などが主な症状としてあらわれます。 また、げっぷが多くなったり、耳の痛みや、咳こむような、喉の違和感や胸の違和感の症状が出る方もいます。


近年の食生活の欧米化や、ストレスが増えたことによって、この逆流性食道炎になる日本人が最近増えてきました。国の側でも逆流性食道炎のテレビCMを放送し、注意を促しています。

また、高齢の方や、背中が曲がっている方、妊娠している方、肥満の方にも多く見られる疾患です。 逆流性食道炎とは、単なる「胸焼け」と軽く考えられがちですが放置しておくと重大な疾患をひきおこす可能性もあります。悪化すると食道がんになるリスクがあります。


とは言っても、逆流性食道炎は上手に付き合えば決して怖くはない病気です。 薬の服用や、食生活、生活スタイルを注意することで、かなり改善します。私は3年間治療をした結果、薬を飲まなくても生活できるまで回復しました。希望を捨てずにじっくり向き合いましょう。

単なる「胸焼け」だと放置しないことが重要です。 胸の不快感、胃もたれ、のどの違和感、過度なげっぷ、などがある方は、逆流性食道炎を疑う必要があります。 このような症状のある方は、一度病院で相談してみることをオススメします。受診するのは胃腸科になります。


■まとめ

  • 逆流性食道炎とは、胃酸や十二指腸液が、食道に逆流すること。食道の粘膜が刺激され、炎症が起きる。
  • 主な症状として、胸やけ、胃もたれ、のどの違和感が現れます。げっぷが多くなったり、耳の痛み、喉の違和感もあります。
  • 悪化すると、食道がんになるリスクがあるので、薬の服用や食生活、生活スタイルを見直す必要がある。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎とは カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ