イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎と胃潰瘍の症状

胃のイラスト


逆流性食道炎と胃潰瘍の症状は似ています。今回は、両者の違いを詳しく見てみましょう。胃は、粘膜の層が重なり作られています。 その粘膜層に欠損があることを、びらんと呼びますが、それよりも深い欠損は潰瘍と呼びます。 最近は、この胃潰瘍になる人が増えています。

原因は色々と考えられますが、ストレスや、ヘリコバクター・ピロリ菌への感染があげられます。 その他にも煙草や飲酒、食生活などが関係していると考えられ、胃潰瘍のリスクはそこらじゅうにあります。

このように胃の粘膜を守る防御機能が壊れていき、胃液が粘膜を傷つけて胃潰瘍になるのです。 胃潰瘍になると胃もたれやゲップ、胸やけ、背部痛の症状が表れます。 吐血や、血便などの出血が見られる場合もあり、逆流性食道炎の症状とかなり似ているのです。

逆流性食道炎は、胃酸が逆流性食道に炎症がおきてしまう疾患です。 原因はいろいろありますが、脂肪分の多い食生活をしていたり、肥満や妊娠が原因でなる方もいます。 ストレスも関係してきます。

症状は胃潰瘍と同じように、胃もたれや胸やけ、背中の痛みや吐血、耳鳴りなど多岐にわたります。 胃潰瘍と逆流性食道炎の区別ですが、検査によって容易に判明します。病気が判明したら、きちんと服薬し、生活スタイルや食生活を改善すれば十分に回復が期待できます。


■まとめ

  • 胃潰瘍と逆流性食道炎の症状は似ているので、検査をしなければ区別はつかない。
  • どちらも適切に治療すれば回復が見込めるので、胃もたれや胸やけが続く場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎のリスク

i
サブコンテンツ

このページの先頭へ