イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎の主な症状

胃痛

逆流性食道炎は、胃酸が逆流することにより、食道に炎症がおこる疾患です。この炎症がおこることにより、さまざまな症状が表れます。

逆流性食道炎の主な症状としては、第一に胸焼けが挙げられます。 みぞおちの辺りや、胸の下のほうに不快感があったり、胸が熱くなったり、胸が締め付けられるような痛みがあったり、重い感じがしたりします。


また、過度なゲップもあります。ゲップとともに、口の中に酸っぱいものがこみ上げたり、ゲップの回数も増えるので人前では気を遣います。 胸焼け、ゲップの他には、胃もたれも、逆流性食道炎の主な症状です。

逆流性食道炎の方は、胃の中にある食物を消化して、腸に送りだす働きが弱いのです。 このため、長時間、胃に食べ物が残ってしまいがちになり、胃もたれを引き起こすのです。


また、気管支や肺に特別な病気がないのに、咳がでることもあります。 これは、逆流した胃酸を気管が吸い込んでしまい、気管支が炎症を起こしてしまうことにより咳が出るのです。

また、耳が痛くなることもあります。 食道への刺激が、耳の痛みとして現れるのです。 このように、逆流性食道炎の症状は幅広いので、気になる症状がある方は病院に行きましょう。


■まとめ

  • 代表的な症状は胸やけです。みぞおちのあたりや、胸の下の方に不快感が現れる。
  • ゲップの回数が増える。そのため、人前では気を遣い、酒席を避けるようになることも。
  • その他、胃もたれ、咳がでる、耳が痛くなるなどの症状もあります。逆流性食道炎の症状はとても幅広いので、気になることがあれば病院を受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎とは カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ