イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎になる主な原因

ステーキ

逆流性食道炎の原因として、まず第一に、食生活があげられます。 近年、日本の食生活の欧米化が進んだことにより、肉類や脂肪分を多く含んだ食事が多くなりました。

このような脂肪中心の食事を続けていると、胃を刺激する機会が多くなります。 その結果、胃酸が過剰に分泌されて、逆流性食道炎を引き起こす大きな原因になります。


また、極端に食べ過ぎることや、飲みすぎなども注意が必要です。 コーヒーやアルコールの取りすぎにも気をつける必要があります。 香辛料の取りすぎも、胃を刺激するためよくありません。 このように、逆流性食道炎を予防するには、食生活に気を付ける必要があります。

また、この他にも、逆流性食道炎になる原因が考えられます。まず、高齢であるということです。 年齢を重ねるにつれ、食道の入り口が緩んでしまい、胃酸が逆流しやすくなるからです。


また、妊娠している方も、おなかが大きくなるため、胃がおされ、胃酸が逆流しやすくなります。 おなかが大きく、胃がおされるということでは、肥満の方も要注意です。 内臓脂肪で胃が押し上げられて、胃酸が逆流しやすくなり、逆流性食道炎になってしまうのです。

その他にも、ピロリ菌の除去を受けたことにより胃酸の分泌が活発になり、逆流性食道炎になる方もいます。 またストレスなど、精神的なことにより発症することもあります。 このように、逆流性食道炎になる原因は、食生活をはじめ、さまざまな要因が考えられるのです。


■まとめ

  • 脂肪分を多く含んだ食事を続けると、胃を刺激することが多くなる。そのため、胃酸が過剰に分泌される。
  • 胃を刺激するのは、コーヒー、アルコール、香辛料を含む食べ物が挙げられる。頻繁に取る人は要注意。
  • 加齢によって、食道の入り口が緩んでしまい、胃酸が逆流しやすくなってしまう。
  • その他、妊娠している方、肥満の方、胃酸が逆流しやすい条件がそろっている。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎とは カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ