イメージ画像

愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

逆流性食道炎を放置すると

病院

逆流性食道炎は、胃の不快感や、胃もたれ、ゲップという症状が主なため、単なる「胸焼け」と軽視されがちです。

しかし、放置するのは大変危険です。逆流性食道炎は、放置すると進行する可能性が高い疾患です。 食道の炎症が慢性化すると、食道ガンが発生する可能性が高くなります。

米国では「食道ガンの半分は逆流性食道炎から進行したものである」と言われています。 このため逆流性食道炎と診断された場合、病院に通院してきちんと治療することが大切です。


逆流性食道炎は、薬を服用すると症状が改善される場合が多いです。しかしながら、長期的に治療する必要がある疾患です。 一時的に症状が良くなったからといって、自己判断で薬の服用をやめてしまうのはおすすめできません。再発しやすいという特徴があるからです。

また、長期的に食生活なども気を付けて改善していく必要があります。 ストレスが原因により発症した場合は、精神的な治療も必要になる場合があります。 食道ガンなどの病気にならないためにも、逆流性食道炎になった場合、放置せず、すぐに治療をすることが大切です。


■まとめ

  • 逆流性食道炎を放置すると、食道の炎症が慢性化してしまい、食道がんのリスクが高まる可能性がある。事実、アメリカでは「食道がんの半分は逆流性食道炎から進行したもの」と言われているほどです。
  • 薬をきちんと服用すると症状が改善するが、自己判断で服用を中止してはいけない。逆流性食道炎は再発しやすい病気なので、中長期的に付き合っていく必要がある。面倒だが、食道がんに進行することは避けたい。

 

スポンサーリンク

 


逆流性食道炎とは カテゴリ一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ